出席者に感謝の気持ちを伝えよう|引き出物の選び方をチェック

感謝の気持ちを伝えよう

満足度の高いギフトとは

プレゼント

結婚式の時には、式場や衣装選びなど、様々な準備が必要になります。
そして、出席してくれたゲストの方に、感謝の気持ちとして引き出物を渡すのが一般的です。
しかし、この引き出物ですが、何を選べばいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。
サイズが大きい、重量がある引き出物を選んでしまうと、持ち帰るのが大変になってしまい、迷惑になってしまう事があります。
また自分達のこだわりをふんだんに取り入れてしまうと、もらったゲストの方が使い道に困ってしまう事も多いのです。
ゲストの方々に満足してもらえる引き出物に悩んだら、口コミサイトや、引き出物の人気ランキングなどを参考にすると選びやすくなります。
やはり人気が高いのが、カタログギフトです。
荷物にならず、商品数が豊富で幅広いので、年齢や性別に問わず、多くの人に満足してもらう事ができるでしょう。
また最近注目されているのが、当日持ち帰るのではなく、後日宅配で送る引き出物です。
遠方から来た親族など荷物が増えてしまい、大変だ、と感じてしまう人が多いのが現実です。
宅配で送れば、多少重さや大きさがあっても、問題がなくなります。
引き出物は、ゲストに対するお礼の意味を持っているので、自分達の写真入りなどは避けて、実用性があるものを選ぶなど、ゲスト側のことを考えて選びましょう。
余裕があれば全て同じにせず、友人や親族、上司など、その人の喜んでもらえる引き出物を考えて選ぶと、満足度も高くなります。

喜ばれるものを選ぶ

着物の女性

参列者が帰宅した後も良い印象が残る結婚式を行いたい時、良く考えたいのは引き出物です。
引き出物はできるだけ避けた方が良い品物もありますので、基本的なマナーを理解しておきましょう。
例えばガラスで作られたものは割れやすいため、引き出物として贈る際は注意が必要です。
参列者が全員近場から足を運んでくれる場合はリスクが減りますが、遠方から集まる際は帰宅時に割れてしまうこともあるため避けた方が無難です。
また陶器はガラスよりも割れづらい反面重さがありますので、帰り道の負担になってしまうでしょう。
持ち運びを考えて便利な引き出物を選択する際はタオルのような雑貨がベストです。
タオルは味気ないと思われがちですがどのような家庭でも利用するため無駄になりません。
また人気ブランドの製品をセレクトすれば外でも使えるため大人に喜んでもらえるのです。
もしも個人の趣味に寄り添った引き出物を贈りたい時はカタログギフトを活用すると良いでしょう。
カタログギフトは冊子ですから、持ち運ぶ上でかさばらないのも魅力的です。
引き出物として相応しいカタログギフトを選びたい場合は、カタログの価格帯を考えると便利です。
中にはブランドの品だけを集めたものもあります。
こうした引き出物は仕事関係者から郷里の人まで幅広い参列者を集めた結婚式を行う夫婦にとって選択しやすいでしょう。
引き出物を渡す際に男女別にプレゼントできる場合、カタログの種類を変えることも可能です。

地域の文化も考える

レディ

結婚式及び披露宴で欠かせないのが引き出物の存在です。
特に披露宴に出席した人には必ず引き出物を渡す文化が日本には根付いています。
そもそも引き出物はお返しの意味も込められていることから、頂いたご祝儀の金額や間柄などに合わせて品物を選択するとよいでしょう。
結婚式場でも一人一人に合わせてセッティングしてくれる場合もあるため、出席者の年齢や家族構成などに合った引き出物を準備することができます。
また、地域によっては夫婦で出席した場合には、一つだけの場合と夫婦それぞれに用意する文化がある場合もあります。
この場合には、夫婦それぞれ違った引き出物を用意した方が受け取った側も困らないでしょう。
近年、引き出物に用いられる品物は多様化してきているため、カタログギフトなども人気です。
相手方が必要なものを選択できるカタログギフトは、贈る側の独りよがりにならないため安心だといえるでしょう。
物があふれている時代だからこそ、不要なものは引き出物であっても受け取りたくないといった人も増加しているため、カタログギフトのような需要も高まっているのです。
また、タオルなどの消耗品も引き出物としては重宝されるものです。
それに加えて、日常では購入しないブランドの食器などは需要が高い傾向です。
相場は披露宴の飲食代の1/3程度とされています。
しかしながら、親戚などはご祝儀が多い場合もあるため、それに準じて引き出物の金額を調整するカップルも多いのが現状です。