出席者に感謝の気持ちを伝えよう|引き出物の選び方をチェック

プレゼントやお礼の品

忙しい人に最適な方法

ウーマン

プレゼント、お礼の品として贈る物の中の1つに引き出物が挙げられます。
引き出物とは、結婚式や披露宴・祝賀パーティーの際に、出席していただいた方へお礼として配られる贈答品のことを指します。
しかし、贈答品は地域やその家、更には性別、年代、家族構成によって大きな違いが見られるので、あらかじめよく相談して決める必要があるでしょう。
引き出物は、元々はお祝いの席の料理の1部をお土産として持ち帰ってもらっていました。
しかし、現代では品物、菓子、しきたり品を贈ることが多いです。
中にはカタログギフトを贈り、招待客に欲しいものをえらんでもらうことも増えているようです。
しきたり品の中でも特にメジャーなのは鰹節です。
鰹節には、雄節と雌節の2つの種類があります。
これらは2つで1ペアとなるのですが、その様子から、夫婦がいつまでも仲良く寄り添っていけるようにという意味があるのだそうです。
とても縁起が良いですね。
さて、そんな引き出物を贈るのには理由があります。
参席いただいた方に、自分たちの幸福をお裾分けし、幸せになってもらう為だと言われています。
更に、2人にとって大切な結婚式のことをずっと覚えていてもらうためでもあります。
せっかく来ていただいたのですから、引き出物は喜んでもらえるものを選びたいですよね。
何を贈れば喜んでもらえるのかというのはそれぞれ違うとは思いますが、それを選べるのもまた幸せだという証だと思います。
一生に1度のことなので、引き出物で渡すものについてはよく考えましょう。

引出物の選び方について

風呂敷

結婚式を挙げる場合、準備しなければならないものとしてあるのが引き出物である。
引き出物は、結婚式出席のお返しや、お祝い金のお礼などとして贈るものであり、結婚式当日に出席者に対して渡すことが通常となっている。
これらの引き出物を用意する際には、通販を活用することで手軽に用意することができる。
通販では、様々な種類の引き出物が用意されており、多くの商品の中から選ぶことができる。
引き出物は、出席者の多くの人が喜ばれるものを選ぶ必要があるなど、選ぶ際に迷うことが多い。
通販では、一般的に喜ばれるものが取り揃えられており、比較的選びやすいということがある。
また、引き出物を挙式会場に直接届けてもらえることも通販利用の良さである。
引き出物を個人で買い揃えた場合、それらを挙式会場に持っていく必要がある。
人数が多い場合、これらには手間がかかる。
しかし、通販では元々配送してもらうことが前提である為、選んだ商品を直接会場に贈ってもらえることもメリットになっている。
最近では特にネット通販の利用が増えており、より利便性が高い。
ネット通販では無数の商品の中から選択でき、他サービスとの比較がより行いやすいということがある。
人気の引き出物がランキング形式で紹介されているケースが多いことや、売れ筋商品なども分かり易い。
また、利用者による口コミ情報なども多いため、これらの情報を参考にしながら選べることもネット通販活用の利点である。

近年では、「ゲストにカタログから引き出物を選んでももらう」という形式も増えています。
この形式が一般化したことによって、主催者側の負担は大きく減りました。
「気軽かつ身軽」というのが、近年の披露宴や結婚式に通底するテーマの1つです。
披露宴や結婚式というのは、数百人が参加する「大規模イベント」です。
身内だけしか参加しない小規模なイベントであれば、なにか不具合が生じても、「ご愛敬」で済ませることができます。
ですが、「部外者」がたくさん参加する大規模なイベントの場合、その限りではありません。
「不具合の芽」を可能な限り抑制するように努めなければ、とんでもないトラブルに発展してしまうこともあるので注意が必要です。
引き出物の選び方は人によって大きく異なりますが、大半の人に共通する選び方として「実用性のある引き出物を選ぶ」ことが挙げられます。
実用性のある引き出物とは、食器や時計などの日用品や、お菓子やコーヒーなどの食品のことを指します。
とくに、お菓子などの「消え物」は多くの人に喜ばれる可能性が高いです。
これは引き出物に限った話ではありませんが、何かを贈る際には、「自分がもらって嬉しいもの」を選ぶのではなく、「自分がもらって困るもの」を避けた方が間違いが起こる可能性は低いです。
前者には自分の趣味嗜好が大きく反映されますが、後者にはそれほど反映されません。
「日常生活に自然に溶け込むもの」を選べば、大きな間違いが起こることはないでしょう。