出席者に感謝の気持ちを伝えよう|引き出物の選び方をチェック

参列者への心遣い

地域の風習の確認を

女の人

披露宴をするにあたって頭を悩ますことのひとつに引き出物選びがあります。
参列者へのお礼の品として、より良い物を選びたいと言う気持ちや、予算、品数などなど悩みどころは沢山あります。
一般的に披露宴に招待するのは、親族、職場の上司、同僚、友人などですが、年齢がばらつくので、誰にでも喜んでもらえる引き出物を考えるのは一苦労です。
そこで、最近は参列者の好みに合わせたカタログギフトが注目を集めています。
贈る方としては、人生の特別な催し事の大切な贈り物です。
できれば使って欲しい、飾って欲しいと思うのが正直なところです。
贈る側と参列者、双方の要望をすり合わせる方法として、現在では参列者によって引き出物を贈り分けすることが主流となっています。
年齢別や、家族・会社単位で贈り分けをするのも良い方法ではないでしょうか。
特に親しい参列者には、事前リサーチも可能かもしれません。
それぞれの好みに合わせた特別なものを贈る事ができます。
心遣いが逆に裏目に出てしまう場合もあるので、個々の参列者への日々の感謝の気持ちを大切にし、引き出物を選ぶと良いでしょう。
どんな贈り物の場合でも、いただく側は自分のことを考えてもらっているという事実がとても嬉しいのです。
事前の準備で、より喜んでいただける引き出物を選べるはずです。
会場で異なる引き出物を渡すと、招待客の選り分けているようで気まずいという場合には、引き出物を自宅まで配送してくれるサービスを利用しましょう。
自宅に贈れば、内容は本人にしか知られることはないので、安心です。

贈り物の基本的な知識

プレゼント

引き出物とは、一般にお祝いの席でゲストに配られるお礼の品をいいます。
現在引き出物というと、結婚式・披露宴の参列者に渡すものを意味することがほとんどです。
引き出物は奇数にします。
品物と引菓子と呼ばれるお菓子、あとはその地域で縁起がよいとされるものを組み合わせることが一般的です。
ただし、地域やその家々のやり方で異なることがあるため、地域の風習に詳しい人や両親などに相談した方がいいでしょう。
また、最近の傾向として、引き出物の内容をゲストによって変えることが主流となりつつあります。
これを「贈り分け」といいます。
贈り分けは、たとえば親族と友人ではご祝儀の金額が大きく異なることが予想されるため、同じ引き出物では失礼に当たるだろうという考え方から行われています。
とはいえ、ゲストひとりひとりにあわせて内容を変えるのは大変な手間がかかりますし、当日渡すときも混乱のもとになります。
親族グループ、友人、会社の上司といった、年齢や社会的立場などでおおまかにグループ分けして引き出物の内容を変えるといいでしょう。
では、喜ばれる引き出物とはどういうものでしょうか。
人気が高いのは、かさばらず持ち運びが容易な物です。
また、自分では買わないような高級感のあるもの、実用性の高いものなども好まれます。
具体的にはカタログギフト、ブランド物の食器、高級タオルなどのお風呂グッズなどです。
好まれないのは、重たくてかさばるもの、趣味に合わないインテリア用品などです。
新郎新婦の名前や写真が入っているものも、受け取った方としては使いにくいため、好まれない傾向にあります。
ただし、重くてかさばるほど良い引き出物とする地域もありますし、カタログギフトはあまり喜ばない年配の方もいますので注意しましょう。

主に結婚式や祝賀パーティーなどの招待客に配られる引き出物は、選ぶ際に非常に頭を悩ませる方も多いと思います。
引き出物は古くからの日本の習慣で、式典の内容や行われる地域などによっては実に様々な趣向があり、近年ではカタログギフトなどが多く利用されています。
引き出物を贈る際にはきちんとしたマナーがあり、例えば結婚式の場合、披露宴に出席されていない方からのお祝いのお返しには、結婚式後1ヶ月以内がマナーとされています。
また、引き出物の品数は一般的に「記念品」「引菓子」「縁起物」の3品を用意することが多く、この3品の「3」は割り切れない数字なので、割り切れないことから即ち割れない、という意味を持っています。
地域によっては5品、7品といったところもあるようですが、いずれも割り切れない数字となっています。
近年の結婚式において、引き出物をゲストによって贈り分けるスタイルが増えており、性別や年齢層などゲストのことを考えてギフトを選ぶ方が多くなっているようです。
贈り分けのポイントの例として、上司にあたる方などには実用的で上質なものを、親族にあたる方には日常的に使える存在感のあるものを選ぶと良いです。
引き出物の中でも、縁起物は人をもてなす心を大切にした日本人ならではのもので、代表的なものが「かつお節」です。
これは、雄節と雌節がきれいに寄り添う姿から夫婦円満の象徴とされているからです。
また、長寿祈願の縁起物として「梅干」も多く選ばれています。