出席者に感謝の気持ちを伝えよう|引き出物の選び方をチェック

関係で贈り分けて

贈り分けのポイント

婦人

引き出物は、料理と並び結婚式の印象を左右する重要なポイントです。
引き出物を用意するときは贈り分けをするのが一般的です。
贈り分けをするときの考え方としては、性別で分ける、関係性で分ける、家族構成で分けるといった分け方が考えられます。
どのような分け方をしても問題ありませんが、贈る人に失礼にならないように贈りましょう。
親族や目上の上司などはご祝儀も高額なため、それに見合う引き出物を用意する必要があります。
メインの引き出物が5000円から10000円ほど、引き菓子や縁起物をあわせて3000円から5000円ほどで用意するのが一般的です。
一方、友人や会社の同僚などはそれよりもやや安い金額であることが多いです。
メインが3000円から5000円、引き菓子と縁起物で2000円から4000円ほどか相場です。
新郎側と新婦側で分けるのも一般的な分け方です。
それぞれのゲストは呼んだ側が性格をよく把握しているのでそれにあわせて贈ると贈りやすいためです。
最近は少人数化も進んでいるので、一人一人にあわせて贈り分けることも増えてきています。
より気持ちが伝わり、喜んでもらいやすくなります。
他方、贈り分けをせず、すべて同じ引き出物にするということも最近は登場しています。
取り違え事故を防ぎ、上司や親族などには後ほど内祝いを贈ることで差別化するというものです。
考えることが少なくてすみ、わかりやすいというメリットがあります。

品物の金額やマナーを把握する

ギフト

結婚式の引き出物は、出席者へのお礼の意味を込めて贈るものです。
以前の引き出物は、結婚式で出された料理をお土産にしていました。
しかし、現代では様々な種類の引き出物があり、その中から新郎新婦が選びます。
しかし、新郎新婦が選ぶといっても、出席者に失礼にならない引き出物を選ぶことが大切です。
最近は、引き出物の贈り分けが主流になっています。
贈り分けとは、相手の性別や新郎新婦との関係性によって値段が違うものを贈ることです。
贈り分けは、中身が違っても同じ包装・紙袋が使われているので、相手に気づかれることはありません。
引き出物の値段の目安は、上司や年上の方には5〜8千円、同僚や友人は3〜5千円のものを選びます。
夫婦で出席した方には、7〜8千円のものを選ぶと良いでしょう。
そして、引き出物の種類は、カタログギフトや和洋菓子類、タオルや地元の名産品などが多くなっています。
カタログギフトは、カタログの中にある品物を出席者が自由に選べるので人気があります。
また、結婚式の和洋菓子はバームクーヘンが定番ですが、パウンドケーキやクッキーなどの焼き菓子を選ぶ方もいます。
そして、タオル類はブランドもので質の良いものが喜ばれます。
ブランドものの食器やグラスも良いのですが、名前が入っているものは敬遠される場合があります。
食器は個性的なものより普段使いできるものが喜ばれますので、選ぶ時は注意しましょう。
また、重い引き出物は、持ち帰る出席者の負担になるので、重くてかさばらないものを選ぶことが大切です。

引菓子と一緒に渡す

贈り物

引き出物とは、披露宴に出席してくれた方に贈るものです。
基本的には引き出物と引菓子のセットで渡すのが一般的です。
引き出物には主に2種類が代表的なものになります。
それは食器類、カタログギフトの2つです。
カタログギフトはカタログの中にさまざまなものが掲載されているので、好きに選ぶことができるため贈られる側に非常に喜ばれます。
カタログの商品には、タオルや食器といった実用品の他にも、温泉チケットや食事券などがあります。
カタログ1冊なのでかさばることもありませんので、手渡しやすいです。
カタログギフトの相場はせいぜい4000円から5000円程度です。
一方、食器類にする場合には実用性があったり有名ブランドであるお皿やコップが贈られることが多いです。
食器類の相場は4000円から7000円程度になります。
もちろん、地域によって相場料金は異なりますので、周囲の人から聞いてみることも大切です。
ここで注意するべき点は贈る人によって引き出物の料金を変えることです。
親族や上司に対しては高い引き出物を、友人や同僚に対してはそれよりも安価な引き出物を渡すようにします。
ちなみに、引菓子は1000円程度のお菓子で構いません。
引き出物と一緒に必ず渡すものなので忘れないようにしましょう。
年配の人にはお饅頭やケーキが非常に人気が高いですが、若い人を中心にクッキーやチョコレートなどの詰め合わせも人気が上昇しています。
人によってはしきたりを重んじる人もいますので、何にするかを慎重に選ぶ必要があります。